クラミジア感染症の検査を受けようと思う人に、検査の受け方や注意点をガイドするサイトです。
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 最新コラム

最新コラム

クラミジア感染症の治療薬

TOP>クラミジア悩み相談>クラミジアの治療薬 クラミジア感染症の治療には抗生物質が使われます。 では、主な抗菌薬をご紹介いしましょう。 薬品名 服用する量(1日当たり) 服用する期間 マクロライド系抗菌薬 クラリスロマ …

かゆい・痛い・おりものが多い

性器がかゆい・痛い・女性ならおりものが多い、この3つが性感染症の3大症状です。「ササッとわかる性感染症」(講談社)からご紹介します。 あなたが何か性器に異常を感じた時、それはもしかしたら性感染症かも知れません。HIVや梅 …

HIVとエイズの違いを知らない

いきなりですが、あなたはHIVとエイズの違いをご存知でしょうか? 実は、6月1日から6月7日まではHIV(エイズ)検査普及週間です。厚生労働省などが行う全国規模のキャンペーンと、各地方自治体が行うHIV検査の啓蒙活動が両 …

キスで感染する病気は?

前回、このコラムで『クラミジアはキスで感染する?』と言う記事を書きました。そこで今度は『キスで感染する病気』について書いてみたいと思います。 そもそも、キスと言うと何だか甘美な美しいイメージを持っているあなたもいるでしょ …

クラミジアはキスで感染する?

あなたは、ご存知ですか? クラミジアは感染しても女性の80%、男性の50%には初期症状がありません。 しかし、気付かず放置していると不妊症の原因となることがあります。 また、クラミジアに感染しているとHIVの感染確率が高 …

咽頭感染予防のうがいで誤解

クラミジア感染症がオーラルセックスでも感染することはこのサイトで何度か書きました。もしかして、あなたはオーラルセックスの後に、感染予防のためにうがいをしていませんか? 喉への感染を防ぐのですから、セックスの後にうがいを行 …

クラミジア母子感染の悲劇

クラミジア感染症の主な感染ルートは性行為感染ですが、母子感染もあります。母子感染については、『クラミジアの母子感染』と言うページがあります。 さて、「性感染症対策マニュアル」(同文書院)と言う本に、クラミジア感染症の母子 …

クラミジア感染症と抗生物質

クラミジア感染症の治療には抗生物質が使われます。今はとてもよく効く薬があって、たいていは1週間ほど飲み続ければ治ってしまいます。 このクラミジア感染症に使われる抗生物質ですが、他の病気でも使う事があります。例えば、私はよ …

クラミジアによる不正出血

クラミジア感染症の症状のひとつに不正出血があります。 一般に不正出血と言うのは、月経以外の性器出血を言います。また月経であっても、通常よりも出血量が多い、期間が長い場合には不正出血の可能性があります。 ここでは不正出血に …

HIV検査普及週間(6/1~6/7)

6月1日(水)から6月7日(火)まではHIV検査普及週間です。 これは平成18年度から始まった運動で、厚生労働省、財団法人エイズ予防財団がが主唱するものです。具体的には、厚生労働省などが行う全国規模のキャンペーンと、各地 …

クラミジア治療したはずなのに?

クラミジア感染症の治療を受けて、治ったと思っていたのに再検査で陽性となることがあります。それって、いったい・・? あなたがクラミジア感染症になって、病院で薬をもらって治療を受けたとします。あなたの症状はすっかり治ってもう …

クラミジア感染症と性教育の実態

クラミジア感染症は若い女性を中心に国内で最も感染者が多いとみられている性感染症です。そして近年感染者の低年齢化が進んでいます。 では、クラミジア感染の低年齢化に対応できるだけの性教育が実施されているのでしょうか。その実態 …

膣は石鹸で洗ってはいけない?

膣を石鹸で洗ってはいけない、と言う女性のあなた限定のお役立ち情報です。男性のあなたは一般常識の習得の積りでお読みください。 膣は尿や便、おりものなどで不衛生になりやすく、外部からの細菌におかされやすい部位です。そこで、膣 …

クラミジア感染の謎?

世にも不思議なクラミジア感染の謎。今回は all about に載っていた、『夫しか知らないのに・・・妻だけクラミジアの謎』と言う記事からのご紹介です。 ・ ・・1.妻は夫しか知らないのに・・・ この記事に登場する奥さん …

コンドームは使われない!

クラミジア感染症を始めとする性感染症の予防にコンドームが有効なことはあなたもご存知でしょう。しかし、驚くほど実際にはコンドームは使用されていません。 それを証明するのに、コンドームの国内出荷量の推移をお見せ致しましょう。 …

クラミジア感染低年齢化

TOP>コラム集>クラミジア感染低年齢化 クラミジア感染症は若い女性を中心に感染が広まっています。下のグラフをご覧ください。 ◇クラミジア 年齢層別感染者数 ◇年齢層別感染者  平成23年(2011年)における年齢層別感 …

クラミジア、苦しい浮気のいい訳

TOP>コラム集>クラミジア、苦しい浮気のいい訳 クラミジアに感染した夫の苦し紛れの言い訳。 『昔感染したのが、最近の疲れで再発した。』 このいい訳を不審に思った妻はネットの教えてサイトで真偽を確かめようとします。 そし …

クラミジアのフェラチオ感染対策

TOP>コラム集>クラミジアのフェラチオ感染対策 クラミジア感染症や淋菌感染症などはオーラルセックスによって性器から喉(のど)への感染が非常に多い病気です。むろん、その逆のルートもあり得ます。そして咽頭感染が最も多いルー …

男性にも広まるクラミジア

TOP>コラム集>男性にも広まるクラミジア クラミジア感染症は男性にも感染します。これは当たり前の話ですが、どうもクラミジアは女性、淋菌は男性、といったイメージが強いのではないでしょうか。確かに、感染者数を見るとその傾向 …

男性尿道炎の感染源と性交形態

男性尿道炎の感染源と性交形態について、「性感染症 STD」(南山堂)からご紹介します。 あなたが男性なら、クラミジアに感染すると尿道炎を起こすことがままあります。 そして、尿道炎は性感染症で最も多く見られる症状です。厚生 …

« 1 2 3 4

自宅でクラミジア検査

投稿カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
Copyright © クラミジア症状・検査完全ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.