管理人追記

この記事を作成した後に、私はSTD研究所 STDチェッカー TypeR(男性用)を購入して7種類の検査を受けました。その中に、クラミジア検査も含まれていました。

従って、この記事にはHIV検査の経験しかないと書いてありますが、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア、淋菌の検査を体験しています。詳細はこちら⇒「クラミジアからHIVまで7種類」

以下本文です。

ここでは、クラミジア感染症を検査キットを使って検査する方法をご紹介しましょう。

私自身はクラミジア検査で検査キットは使ったことはありませんが、HIV検査で使いました。そのときに、いろんな会社のホームページを調べて、どこの会社の検査キットが一番信頼できるか考えました。その経験をここでお伝えしようと思います。

1.検査キットを使うメリット

まずは、一般的な検査キットを使うメリットを一番最初にお伝えしようと思います。それは、何と言っても匿名性に優れていることです。保健所でも匿名検査を受けられますが、検査キットの匿名性は保健所以上です。

何しろ、あなたは自分以外の誰にも知られず、誰にも会わずに検査ができます。検査キット会社には知られてしまう? 確かに、お金の支払いや検査キットの受け取りのため、住所や指名は出す必要があります。

しかし、あなたが自宅で尿や分泌物の採取などをして検体を検査キット会社に送り返すところからは、全く、個人情報は不要となります。住所、氏名は不要です。つまり、検査キット会社から見ると、いったい誰のものか分からない検体を検査して、ネット上で結果を報告するのです。もちろん、識別のためにパスワードを設定します。

あなたは自分で設定したパスワードを使って、ネットの自分のページを見にいきます。そこに陽性か陰性か、検査結果が出ているというわけです。その検査結果が自分のものであることを知っているのは、あなただけです。

これなら保健所のような気まずい対面検査、ヒアリングも受けずに済みます。保健所での世間体も気にしなくていいのです。また、あなたが病院で意地の悪い医者にドクハラを受けることも、恥ずかしい思いをすることもありません。

あなたの同居している家族にも知られないよう、受け取りを自宅以外の郵便局やコンビニ指定もできます。カード決済で記録が残るのが嫌なら代金引換の支払い方法もあります。健康保険も使わないので、あなたの親や配偶者に知られることもありません。

以上のように、検査キットの最大のメリットは匿名性です。

次のメリットは、検査があなたの都合で受けられることです。自宅で検査ですから、わざわざ出かける必要もなく、あなたの都合のいいときにいつでも検査が出来ます。

以上、この2つのメリットにあなたが魅力を感じたら、検査キットを使って下さい。もちろん、検査の信頼性は十分確保されています。

2.検査キットとは

そもそも、郵送で行う検査キットとは、いったいどんなものでしょうか。現在、国内に検査キットを扱う会社は10社近くあり、今から5、6年くらい前から盛んになりました。

その匿名性と利便性が利用者に受け入れられて、HIV検査だけでも年間に4万5000人ほどが利用しています。

クラミジア検査の場合、男性は尿、女性は膣分泌物を自分で採取して検体とします。喉への感染を調べるときは、喉の粘膜から検体を採取します。どの検体採取も専用の器具が付属でついてきます。特に難しくも危険性もありません。どなたでも簡単にできます。

この送り返した検体は、各検査キット会社から登録衛生検査所に送られて検査を行います。登録衛生検査所は法律で決まった厳しい基準をクリアした検査機関で、保健所や病院から検査の代行も受けています。ここで検査を行っているということが、検査の信頼性の裏付けとなります。

クラミジアの検体は尿や膣分泌物、喉からの分泌物ですが、これ以外にもHIVや梅毒、B型肝炎などでは血液を検体として検査します。血液を検体といっても、注射して血液を採取する訳ではありません。そんなこと、自分でやれないですよね。

ランセットという専用の針が飛び出る器具を使って、ほんのちょっぴり指から出血させます。それを専用のろ紙に吸い取らせて、それを検体として送り返して血液検査を行います。

この他、淋菌感染症、トリコモナス症、カンジダ症など、非常にポピュラーな感染者の多い性感染症の検査を行うことができます。B型肝炎、C型肝炎も検査できます。

また、何か1つの性感染症だけを調べるのではなく、まとめてセットにして複数の検査を受けることも可能です。まとめて何種類も一度に検査が可能なので手間が省けます。値段もセットの方が割安となり、1種類当たり2000円程度で検査が受けられます。(検査内容、メーカーによって異なります)

3.検査キットの選び方

それでは、国内に10社近くもある中から、どの検査キットを選べばいいのでしょうか。私の経験をお話します。選定の基準は、何と言っても信頼性です。はっきり言って、検査キット単体の品質はどこの会社もほぼ同じです。そんなに大差ないと思います。従って、選ぶ基準は検査キットを含めた検査システム全体としての信頼性です。

例えば、検査結果を他人と取り違えたり、途中で紛失、損傷などがないかといった信頼性です。それから、検査キットの購入方法、受け取り方法、使い方、結果の見方など、利用者に対して分かりやすい説明がされているか、途中でトラブルが発生した場合のサポート体制が十分用意されているか、そういったことをチェックします。

これらの事前チェックには、各社のホームページを見ます。今まで書いてきたような信頼性を、ホームページ上で比較します。私は実際に全ての会社のホームページを見ました。思ったよりもそこには差がありました。

4.STD研究所がもっともオススメ

私が自分の目で確かめた結果、自信を持ってお勧め出来るのはSTD研究所、という会社の「STDチェッカー」という商品です。私もここからHIV検査キットを購入し、検査しました。信頼性、サービスがとても素晴らしい会社です。

何と言っても利用者目線の対応が素晴らしいのです。私が検査途中で不安になったこと、疑問に思うことをメールで質問したことろ、数分後にすぐ親切な返信がありました。利用者全ての質問に対して同じ対応かどうかは分かりませんが、私の場合はいつもそうでした。また、同社のホームページにある、「利用者の声」を読むと、私と同じような感想を持った人が大勢いることが分かります。

実は、STD研究所が国内で初めて性感染症の郵送検査をキット化し、匿名検査のシステム運用を始めた会社なのです。一番経験と実績のある会社なのです。その安心感、信頼感がホームページからも見て取れます。百聞は一見にしかず。あなたも各社のホームページを見比べて下さい。「検査キット」で検索すれば主な会社は全部出てきます。

STDチェッカーでクラミジア検査を行う場合には、STD研究所のホームページを見れば必要な手続き、使い方など全て分かります。あなたが心配になるような難しい作業や手続きは何も必要ありません。誰でも簡単に購入して検査が可能です。

5.オススメのクラミジア検査キット

クラミジア感染症が不安なのは、あなただけではありません。多くの不安に思う人が保健所や病院には行けず、自宅で検査を受けています。一番大事なことは重症化の前に検査を受けることです。

私が自宅で使用した検査キットをご紹介しておきます。8種類の検査がわずか30分か40分くらいで作業終了でした。

○ 私が信頼性と安全性を最優先に選んだ検査キットがこちらです。
・ STD研究所 STDチェッカー TypeR(男性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎
クラミジア(喉)・淋菌(喉)

⇒使用体験記もあります。

○ 女性のあなたにはこちらがオススメ。このさいまとめて12種類、もう安心です。
・ STD研究所 STDチェッカー TypeT(女性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・トリコモナス・カンジダ
ヒトパピローマウイルス(悪性型)・細菌性膣炎
クラミジア(喉)・淋菌(喉)

他にも色んな組合せの検査キットがあります。