妊婦健診やその他の検査で、過去のクラミジア感染が分かってしまうことを心配する人がいます。

もしかして、あなたもそうではありませんか

ネットの相談サイトを見ていると、こんな相談を見ることがあります。

「私は過去にクラミジアに感染したことがあります。その後新しい出会いがあり、結婚しました。これから子供も考えています。ただ、心配なのが過去のクラミジア感染が夫に知られてしまうことです。」

こんな相談です。相談者の気持ちはよく分かります。

「妊娠したときの妊婦健診や、何かの検査で過去のクラミジア感染が夫に知られてしまうことはないでしょうか?」

これが一番の不安のようです。あなたはこの相談者の不安をどう思いますか?

◇消えないクラミジア抗体

もしもあなたがクラミジアに感染すると、あなたの体内ではクラミジア抗体が生成されます。

IgAとIgGという2種類の抗体です。

そして私が調べたところ、このIgG抗体はクラミジアが完治しても何年も残ったままになることがあります。

従って、あなたの血液を採取して行うクラミジア抗体検査では仮に陽性判定が出ても今現在クラミジアに感染しているのか、過去に感染しただけなのか判定が出来ません。

『クラミジア感染症の抗体検査』

言い換えるとクラミジア抗体検査はあなたの過去のクラミジア感染が分かる可能性があります。

◇病院よりも保健所が危ない?

今説明したように、クラミジア抗体検査では仮に陽性になっても今感染しているのか過去の感染か分からないので病院で行われることは少ないようです。

特にクラミジア治療の確認には絶対に使えません。

ただ、最初の検査などでは病院でも行われることがあるようです。

このとき、もしもあなたの過去にクラミジア感染があれば、そこで陽性判定が出る可能性があります。

むろん、その場合今現在クラミジアに感染しているかどうか、確認することになります。

一般には尿や膣分泌物などを採取して、PCR法と呼ばれる検査を行います。

この検査はクラミジア抗体ではなくクラミジアの遺伝子を調べる検査であり、確実に今現在感染しているかどうか分かります。

なので最初からPCR検査を行う病院の方が多いのです。

ところが保健所で行われているクラミジア検査では、血液採取によるクラミジア抗体検査が多いようです。

検査の目的がスクリーニング検査であり、クラミジア感染の可能性を振り分ける検査だからです。

管理人注記:2017年5月25日

管理人の調べでは、ここ数年保健所におけるクラミジア検査は抗体検査が減り、抗原検査が増えています。

例えばこちらのサイト⇒『HIV検査相談に関する全国保健所アンケート調査』

◇結論です

さて、以上の説明から結論です。あなたが保健所や病院でクラミジア抗体検査を受ければ、過去のクラミジア感染が分かってしまう可能性があります。

クラミジア陽性の検査結果をあなたのパートナーが知って、なおかつクラミジアについての知識があれば、あなたの過去について不安に思うことがあるかも知れません。

しかし、クラミジアは特別な感染症ではありません。

自覚症状のない感染者まで入れると国内には100万人以上のクラミジア感染者がいると言われています。特に若い女性に多く分布しています。

誰かと性行為を1回でも持てば、それでもうクラミジアに感染する可能性があります。

特別な人が、特別な場所で感染するわけではありません。

誰でも、いつでも、どこでもクラミジアに感染する可能性があるのです。

従って、あなたの過去のクラミジア感染がパートナーに分かってしまっても、それはあくまでも過去の話であり気にする必要はないと思います。

それが気になるなら、童貞、処女しか安心できないことになります。それって現実的ではないですよね。

アイコンボタンクラミジア感染は放置すると不妊症の原因になることがあります。
クラミジアバナー

感染しても50%~80%は無症候!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
主要5項目をまとめて検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから