大阪府の3ヶ所の保健所で行ったクラミジア病原体検査において、使用期間切れの採尿管が使われていたことが判明しました。受検者数は合計13名だったそうです。

このニュースは10月17日に発表されました。その内容から保健所で行うクラミジア検査の実態が少し見えてきて興味深いので記事にしてみました。

・・◇保健所の「クラミジア病原体検査」って何だ?


今回のニュースは保健所におけるクラミジア検査の管理体制にミスがあり、信頼性の保証が出来ない検査を13人の受検者に対して行った、という内容です。

ここで私が注目したいのは保健所の管理体制ではなく、クラミジア検査の内容です。

一般に、保健所のクラミジア検査と言えば血液採取によるクラミジア抗体検査を思い浮かべます。しかし、今回問題になっているのは採尿管の使用期間切れですから、当然血液検査ではなく尿検査です。

ということはクラミジア抗体検査ではなく、クラミジア抗原検査ということになります。大阪市の発表では、「病原体検査」という表現を使っています。病原体とは抗原を指していると思います。

では、全国の保健所で行っているクラミジア検査において、抗体検査と抗原検査はどんな割合でしょうか。下のグラフを見てください。

これは厚生労働省が2011年に公表した資料です。2010年に全国の保健所で行われたHIV以外の性感染症検査の実態調査です。

グラフをご覧頂いてお分かりのように、クラミジア検査は梅毒検査と並んでとても多くの保健所で検査が実施されています。そして、その検査方法は血液採取による抗体検査が240ヶ所、抗原検査が64ヶ所となっています。

●クラミジア抗体検査 240ヶ所

●クラミジア抗原検査  64ヶ所

つまり、クラミジア検査を行っている保健所の約21%がクラミジア抗原検査を実施しています。(計算は便宜上重複なしとしています)

私の感覚では意外と抗原検査が多いなと思いました。もっと少ないと思ったのです。保健所で行う検査はスクリーニング検査であり、感染の可能性だけを判定するなら血液検査の方が適しているように思ったからです。

クラミジア抗体検査は仮に陽性になっても過去のクラミジア感染か、現在の感染か区別が難しいという欠点があります。その点ではクラミジア抗原検査の方が今現在の感染を判定をすることができます。

ただし、抗原検査ではクラミジアが咽頭感染していたり、尿の採取方法が適切でなかったりするとクラミジアが感染しているのに陰性となってしまう可能性もあります。

だからスクリーニング検査としては抗体検査の方が確実かなと思ったりします。事実全国の保健所では圧倒的に抗体検査の方が多く実施されています。


・・◇採尿管の使用期限ってなに?


今回、大阪の保健所で発生した管理ミスとは、採尿管の使用期間の管理でした。期限切れの採尿管をそのまま使っていたのです。

ニュース報道によれば、今年の9月末で使用期限になるものを、10月になっても使っていたそうです。実際の検査は10月16日まで行われ、合計13名が使用期間切れの採尿管で検査を受けています。

試用期間を過ぎた採尿管を使うとどうなるのか?採用管内の試薬が劣化して検査結果が正しく出ないことがあるのだそうです。普通、こうした使用期間は余裕を持って設定されていると思うので、実害はないのでは、と思います。でも、完全な管理ミスです。

ところで私が興味を持ったのは、採尿管にどんな試薬が入っていたのかです。抗原検査の中身が知りたいところです。ニュースではそこまでは詳しく報道されていません。

また、全国の保健所のホームページを見ても、クラミジア検査の方法まで詳しく解説しているところはありません。私がネットであちこち検査して見つけたのがこちらです。

『淋菌およびクラミジア・トラコマチス同時核酸増幅同定精密検査』

こんな感じの検査キットを使っているのかなと思いました。実際には保健所で行うのはクラミジアだけの検査なのでこれと同じものが使われている訳ではありません。

・・◇保健所を利用してください!


今回は保健所での管理ミスが発覚しましたが、非常に珍しいケースです。まず通常ではあり得ないミスです。決してこんなミスが常態化している訳ではありません。

なのでぜひあなたも保健所を利用してクラミジア検査を受けてください。HIVとの同時検査が条件で、無料・匿名扱いになっている保健所が沢山あります。

ただし、抗体検査か、抗原検査か、それは保健所によります。あなたの最寄の保険所に電話して確認してみてください。

保健所でのクラミジア検査の注意点としては、

●クラミジア検査の場合は即日検査ではなく、検査結果を1週間くらい後に再度保健所まで受け取りに行く必要があります。二度手間ですが仕方ありません。

●クラミジア抗体検査の場合、過去のクラミジア感染でも陽性となることがあります。

●尿や膣分泌物によるクラミジア抗原検査では咽頭感染は分かりません。喉の粘膜から検体採取が必要です。抗体検査では咽頭感染でも陽性となります。

こうしたことが保健所でのクラミジア検査の注意点です。

なお、どうしても保健所に行く時間がないあなたには自宅で使える検査キットもあります。当サイトで何度も繰り返し記事にしてきましたが、クラミジアは感染しても女性の80%、男性の50%には自覚症状がありません。

感染しているかどうかは検査を受けてみないと分かりません。不妊症や前立腺炎など、重症化する前に検査を受けてください。

■クラミジアは感染しても男性の50%、女性の20%しか自覚症状が出ません。

・STD研究所 STDチェッカー TypeP(男性用)(女性用
クラミジア(性器/のど)・淋菌(性器/のど) 性器感染と咽頭感染を同時に検査できます。

■クラミジア・淋菌感染はHIVの感染確率を3倍から5倍も高めてしまいます。

・STD研究所 STDチェッカー TypeE(男性用)(女性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌の5種類の性感染症をまとめて検査できます。

■この検査キットの信頼性はこちら
■この検査キットの利用者の声はこちら

クラミジア症状・検査完全ガイド TOP