クラミジアとカンジダを取り違えていませんか?混乱してませんか?

あるネットの相談サイトに、クラミジア感染に関する相談が寄せられていて、その回答の中に気になるものを見つけました。もしやあなたも混乱してはいないかと、記事にしてみました。

◇クラミジアは自然治癒するのか?

そのクラミジア相談の気になる回答と言うのは、

「クラミジアは男性の場合には自然と治ってしまうことがあります。それは男性の性器が女性とはつくりが違うからです。」

とまぁ、こんな回答です。男性と女性の性器の差をもって「クラミジアは自然治癒する」と書き込んでいたのですが、これって本当だと思いますか?

当サイトではかつて、『クラミジアは自然治癒するのか?』という記事を載せました。私が読んだ性感染症の数々の本、及び公的医療サイトのどこを見てもクラミジアが自然治癒すると書かれた記事はお目にかかったことがありません。

クラミジアは治療しない限り治らない、とする記事は多数お目にかかりました。従って、当サイトでは、

「クラミジアは自然治癒することはない。」

と結論づけています。


◇性器カンジダ症は?

ところが、性器カンジダ症の場合には、男性は感染しても自然治癒することがあります。その理由は、男性の性器のつくりにあります。先ほどのクラミジアは自然治癒しませんが、カンジダは自然治癒することがあるのです。

男性の性器は女性の性器と違って簡単に洗えるし、外気に触れて乾燥していることからカンジダが増殖しにくいのです。

私が見たある医療サイトには、

「男性の性器にカンジダが感染しても、洗い流せば心配無用。」

とまで書いてありました。石鹸つけてゴシゴシ洗えますもんね。ホントにそれだけで治るのかどうか、私も自分で確かめた訳ではありませんけど。

とにかく、性器のつくりの差によって、男性はカンジダに感染しにくいし、仮に感染しても自然治癒することがあります。

なので、先ほどのクラミジアの回答はカンジダであれば大正解ですが、クラミジアには不正解です。

◇知らない間に薬で治った?

クラミジアは自然治癒することはないのですが、本人が知らない間に薬で治ってしまう可能性はあります。風邪やその他の病気で抗生物質を飲むと、それでクラミジアが治る可能性があるのです。

例えばクラミジア治療によく使われるジスロマックという抗生物質はクラミジアだけでなく他の病気の炎症を抑えるのに使われることが珍しくありません。

だからクラミジアに感染していることに気が付かないまま風邪の治療でジスロマックを飲んで、風邪といっしょにクラミジアが治ってしまった、ということが起こりうるのです。

ただし、薬をクラミジア治療に必要な量だけ飲まなくてはならず、現実問題としてそうそう起こり得る可能性ではないようです。

実際には、知らない間に治ってしまう話ですから検証のやりようがないです。あくまでも可能性を論じる推論に過ぎません。とにかくクラミジアは自然治癒することはありませんから、気なったら検査して下さい。

■カンジダの再発防止、日頃の予防はこちらの情報をご覧下さい。

■クラミジアは感染しても男性の50%、女性の20%しか自覚症状が出ません。

・STD研究所 STDチェッカー TypeP(男性用)(女性用
クラミジア(性器/のど)・淋菌(性器/のど) 性器感染と咽頭感染を同時に検査できます。

■クラミジア・淋菌感染はHIVの感染確率を3倍から5倍も高めてしまいます。

・STD研究所 STDチェッカー TypeE(男性用)(女性用)
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌の5種類の性感染症をまとめて検査できます。

■この検査キットの信頼性はこちら
■この検査キットの利用者の声はこちら

クラミジア症状・検査完全ガイド TOP