クラミジア感染症の病原菌は、クラミジア・トラコマティスと言う細菌です。実はクラミジアにはトラコマティス以外にも仲間がいる、と言うお話です。

あなたはオウム病やニューモニエ肺炎をご存知でしょうか。実はこの2つの病気はクラミジア・トラコマティスの仲間が引き起こす病気なのです。

オウム病と言うのはオウムやインコなどの鳥の排泄物から人に感染する伝染病で、病原菌はクラミジア-シッタシです。感染すると1週間から2週間くらいの潜伏期間の後に高熱が出たり、激しい咳が出ます。

治療法は性器クラミジア感染症と同じで、抗生物質を1週間から2週間ほど投与します。

なお、オウム病は第4類感染症であり、病院で見つかるとただちに保健所への報告が義務づけられています。また、オウム病は現在の日本国内では年間に数十人くらいしか発症例のない珍しい病気です。

一方、ニューモニエ肺炎を起こすクラミジアは、クラミジア-ニューモニエです。一般に肺炎と呼ばれている症状の中では4番目に多い肺炎です。オウム病と異なり、感染者の多い珍しい病気ではありません。

この肺炎は人から人へ飛沫感染します。家庭内や学校、職場などで集団感染することも珍しくありません。また、感染しても重度の症状はなく、頑固な咳が長く続くことが多い肺炎です。

こちらも抗生物質を投与しますが、まれに薬が効きにくいケースも見られるそうです。高齢者など体力がない患者の場合には死亡例もあります。

以上紹介したクラミジア-シッタシ、クラミジア-ニューモニエはトラコマティスと同じ仲間のため、クラミジア抗体検査で偽陽性の原因となることがあります。

ここにクラミジア抗体検査キットの製造メーカーのサイトをご紹介しておきます。クラミジア抗体検査において、シッタシ、ニューモニエが陽性となることがあると書かれています。

もしもあなたがオウム病やニューモニエ肺炎に思い当たる過去があるなら、クラミジア感染症の検査を受ける時に医師に話しておいた方がいいかも知れません。

以上、クラミジア・トラコマティスの仲間のお話でした。

○ クラミジアが不安ならHIVも梅毒も危ない。これなら7種類の検査がまとめて可能です。

・ STD研究所 STDチェッカー TypeR(男性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎
クラミジア(喉)・淋菌(喉)
⇒使用体験記もあります。

○ 女性のあなたにはこちらがオススメ。このさいまとめて12種類、もう安心です。

・ STD研究所 STDチェッカー TypeT(女性用)
クラミジア・淋菌・HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・トリコモナス・カンジダ
ヒトパピローマウイルス(悪性型)・細菌性膣炎
クラミジア(喉)・淋菌(喉)
他にも色んな組合せの検査キットがあります。