あなたに特定のパートナーがいて、そのパートナーがクラミジアに感染していることが分かりました。

当然あなたもクラミジアに感染している可能性大です。

では、あなたはいつクラミジア検査を受けたらいいのでしょうか?

 

◇即行で病院へ!

まずは結論から書きます。それこそ、あなたは即行で今すぐ病院で検査を受けて下さい。待ってちゃダメです。

クラミジアは感染してから検査可能になるまで、一般には2日から3日と言われています。従って特定のパートナーの感染が分かった時点ですぐ検査を受けることが望ましい訳です。

このとき、あなたの自覚症状は問題ではありません。自覚症状があれば無論、仮に全く症状がなくても検査を受けて下さい。

当サイトで繰り返し書いてきましたが、クラミジアは感染しても男性の50%、女性の80%には症状が出ません。クラミジアに感染しているかどうか症状から判断は出来ないのです。

ちなみに、もしもあなたに自覚症状が出るとすればクラミジアに感染して1週間から3週間後くらいに出てきます。むろん、個人差があるのでもっと遅くなって出る場合もあるでしょう。

 

◇自分でかってに薬を飲まない!

先ほども書いたように、特定のパートナーがいて、そのパートナーがクラミジアに感染していることが分かればあなたもクラミジアに感染している可能性大です。ただちに病院へ行って検査を受けて治療してもらう必要があります。

ところが中には自分で薬を飲んで、その結果を病院で診てもらおうなんて考える人もいます。

つまり、

「パートナーがクラミジアに感染していた場合、あなたはいつ検査を受けるべきか?」

と言う問いに対して、

「自分で薬を飲んでクラミジアを治してから」

と言う発想の人がいるのです。

でも、これは大変危険です。あなたは絶対に止めて下さいね。抗生物質は副作用もあるし、同じクラミジアでも症状によって薬を使い分けることもあります。素人判断で飲むのは危険なのです。

実際に抗生物質をネットで購入し、自分でクラミジアを治した人のブログが公開されています。でもあなたはこれをマネしない方が身のためです。

まぁ、普通に考えるとすぐに病院へ行って検査、治療だと思います。ところが今書いたみたいに自分で治そうとする人がけっこういます。

それは、私が思うにネット上にあふれるクラミジアなどの性感染症治療薬のせいもあると思います。ジスロマックなどの抗生物質が個人輸入の形で簡単に手にはいります。

またそうした販売サイトではあたかも簡単にクラミジアの治療が出来るような宣伝をしてます。

●病院へ行く時間のない人

●病院へ行くのが恥ずかしい人、怖い人

●治療を家族に知られたくない人

こんな人には自分でクラミジアが治せる抗生物質がお奨め、みたいな売り方をしているサイトがあります。

でも、あなたがどんなに時間がなくても、恥ずかしくても、家族に知られたくなくても、病院へ行くより他に安全確実に治療出来る方法はありません。

あなたのパートナーのクラミジア感染が分かったら、即行であなたも病院へ行って検査を受けてください。

アイコンボタンクラミジア感染は放置すると不妊症の原因になることがあります。

クラミジアバナー

自覚症状の出にくいクラミジア、淋菌をまとめて検査。
タイプPバナー5 ・クラミジア・淋菌
・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
・放置すると不妊症の原因にも。

矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
最も利用者の多い、人気の検査キットがこちら。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・怖い病気、感染者の多い病気を検査

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから