性器クラミジア感染症の病原菌は、クラミジア・トラコマティスと言う細菌です。この細菌は性行為感染するのですが、感染者の体液(分泌物)が相手の目に入ると、目にも感染し結膜炎を起こします。これをトラコーマと呼びます。

トラコーマの症状は、目が充血し、膿(うみ)のような目ヤニが出ます。また、目が腫れぼったくなります。海外(主にアジア・アフリカ)では重症化して視力障害や失明に至ることもあります。

母親がクラミジアに感染していてそのまま治療を受けずに出産すると、産道感染によって生まれた赤ちゃんが結膜炎になることがあります。

治療法としては、抗生物質の点眼や、眼軟膏を使います。性器にも感染していれば抗生物質を全身投与します。完治するまでに数週間かかります。

トラコーマと同じように、性感染症を引き起こす病原菌が目に入って発症するものとしては、クラミジアの他には淋菌、梅毒などがあります。

また、HIV感染による合併症として、HIV網膜症を発症することがあります。

いずれの場合にも早期に専門医の検査、治療を受けることが大事です。

余談ですが、トラコーマは昔はトラホームと呼ばれていました。トラコーマは英語読み、トラホームはドイツ語読みだそうです。確か、私が小学生のころ、ウイルス性結膜炎、トラホームと言ってました。

友達の何人かが感染して学校を休んでいた記憶がかすかに残ってます。

当然ですが、目に感染している人の使ったタオルなどを共用すると、タオルで感染することもあります。感染力は非常に強かったように記憶しています。

アイコンボタンクラミジア感染は放置すると不妊症の原因になることがあります。
クラミジアバナー

自覚症状の出にくいクラミジア、淋菌をまとめて検査。
タイプPバナー5 ・クラミジア・淋菌
・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
・放置すると不妊症の原因にも。

矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
最も利用者の多い、人気の検査キットがこちら。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・怖い病気、感染者の多い病気を検査

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから