クラミジアが不妊症の原因になることは当サイトでも何度も記事にしています。

ネットの相談サイトを見ていると、実際にクラミジアによる不妊症になった女性たちがたくさん書き込みをしています。

今回はその中から非常に書き込み件数が多かった2つの疑問について、私の調べたことをまとめてみたいと思います。

●クラミジアによる不妊症とは具体的にはどこがどうなるのか?

●卵管癒着が起きた場合、卵管は摘出するのか?

この2件が多かった書き込みです。

 

◇クラミジアによる不妊症とは?

私が調べた限りでは、クラミジアによる不妊症で最も多いのは卵管炎による卵管癒着、卵管閉塞です。

クラミジア感染が卵管まで進行し、炎症を起こすことで卵管が完全にふさがってしまったり、管の中がすごく狭くなったりします。

こうなると受精できなくなったり、仮に授精出来ても受精卵が子宮まで到達できなくなったりします。

つまり不妊症になってしまいます。

あるいは、卵管がふさがることで中に水がたまってしまう卵管水腫になることもあります。

卵管に水がたまっていると受精が成立しても子宮までたどり着けず、着床出来ないことがあるのです。

従って卵管水腫もまた不妊症の原因となります。

そして卵管水腫は単に中の水を抜いても元々の原因である癒着がそのままでは再発する可能性が高いのです。

このようにクラミジア感染症が卵管まで進行すると受精出来ない、着床出来ないなどの理由によって不妊症となります。

 

◇不妊症治療とは?

クラミジア感染による不妊症となったら治療はどうするか?

一般に行われる不妊症治療では、

●タイミング法

●人工授精

●体外受精

などの方法を行います。

しかし、クラミジア感染によって卵管癒着が生じている場合、体外受精を行うケースが多いようです。

むろん、狭くなった卵管を広げる治療法もあります。ただし個々の症状、狭くなっている程度により妊娠出来る可能性が変わります。

妊娠のより高い可能性を求めると体外受精を医師が勧めるケースも多いようです。

色々な方法のメリット、デメリットを医師と相談しながらどの不妊治療を選ぶかという選択になります。

その時問題になるのが、

「卵管水腫を起こした卵管は摘出するのか?」

と言う問題です。

これ、ネットでかなり書き込みがあります。

「卵管水腫による体外受精では、卵管は摘出されるのでしょうか?」

という疑問や不安ですね。

これ、私が色々と医療サイトを調べてみたのですが、結論としては、

「医師の判断による。」

ということです。

卵管を摘出する方が良いとする医師もいれば、卵管はそのままで体外受精を行う医師もいます。

現役の医師がハッキリと、

「どちらもあり得る。」

と見解を述べています。

これはある意味当然の見解で、個々の症状による判断なのでしょうね。

後は主治医に残す、摘出する、どちらにしてもキチンとその根拠を説明してもらって、納得することが大事です。

 

◇一番大事なこと

今更ですが、一番大事なことは卵管癒着や卵管水腫を起こさないことです。

つまり、そこまでクラミジア感染を進行させないことが何より大事です。

クラミジア感染の始末が悪いのは、感染しても女性の80%に症状が出ないことです。

全く知らない間にどんどん進行し、いざ妊娠を希望した時になって初めてクラミジア感染に気付く、というケースが珍しくありません。

症状でクラミジア感染が判断出来ない以上、不妊症の防衛策としては、

「無症候でも早期の検査を受ける。」

これしかありません。

もしもあなたに何も自覚症状が無くてもクラミジア感染の不安、心当たりがあればどうぞ早めに検査を受けて下さい。

HIV検査や梅毒検査と違って、不安行為から3日以上過ぎていればすぐに検査可能です。

なお、クラミジア感染が不安で検査を受けるなら、最低でも淋菌検査も同時に行って下さい。

淋菌も知らないうちに不妊症になる可能性があり、こちらも症状が出にくい性感染症です。

クラミジアも淋菌も、性器検査と咽頭検査もお忘れなく、両方を検査して下さい。

今回はクラミジア感染による不妊症について概要を調べてみました。

しかし、最後にも書いたようにまずはクラミジア感染予防、そして早期の検査が大事です。

関連記事

不妊症になるまでどのくらい?

クラミジア感染による不妊症の確率は?

アイコンボタンクラミジア感染は放置すると不妊症の原因になることがあります。

クラミジアバナー

感染しても50%~80%は無症候!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
主要5項目をまとめて検査!
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから