もしもあなたクラミジア咽頭感染の疑いがあれば、どんな検査をするのでしょうか?

つい最近なのですが、ネットの相談サイトでクラミジアの書き込みを見て驚きました。相談者は「クラミジアが喉に感染したらどんな検査をするのですか?」と質問しています。

その質問に対する答えが驚きでした。

◇えー!まさか?

もったいぶって引っ張らずに答えを書きます。

その答えとは、

「クラミジアが喉に感染した場合は鼻から内視鏡を入れて検査します。」

こんな答えでした。これには私もびっくりしました。

私は医療の専門家ではありません。もしかしたら、本当に咽頭クラミジアの検査に内視鏡を使うことがあるのかも知れません。

事実、耳鼻咽喉科で鼻から内視鏡を入れて喉の様子を見る診察は行われています。

のどが荒れていないか、炎症はないか、潰瘍はないか、そんなチェックが可能になります。

しかしですね・・・・

クラミジアに感染しているかどうかは喉ぬぐい液と呼ばれる喉の粘膜部を採取して、その中にクラミジアが含まれているかどうかを検査します。

すなわち、クラミジア・トラコマティスという細菌がのどの粘膜部に感染しているかどうかを調べるのです。

見た目に何事もなくてもクラミジアが存在すれば咽頭感染しています。逆にどんなに炎症を起こしていてもクラミジアが存在しなければ咽頭感染ではありません。他の要因があります。

要するに内視鏡で見ただけでは分からないのです。

私は随分多くの性感染症の本を読みましたが、ただの一冊も咽頭クラミジア検査に内視鏡を使うと書いたものはありませんでした。

◇こうやって咽頭クラミジアの検査をします

私は耳鼻咽喉科で検査を受けたことはありませんが、検査キットを使って自宅でクラミジア咽頭検査を受けたことはあります。

下の写真を見てください。

写真はカルポーターと呼ばれる器具です。


(写真 1)

写真2のように、カルポーターはキャップを引っ張ると綿棒がいっしょについてきます。


(写真 2)

写真3は綿棒の先端です。ここで扁桃腺付近をこするようにぬぐいます。


(写真 3)

ぬぐい終わったら、写真4のように付属のビニール袋にカルポーターを入れます。


(写真 4)

こんな方法で喉ぬぐい液を採取します。そして喉ぬぐい液の中にクラミジア・トラコマティスという細菌が存在するかどうかを調べます。

⇒『クラミジア感染症の検査方法』

 

◇咽頭感染は自覚症状が出にくい

そもそもクラミジア咽頭感染は自覚症状が出にくいそうです。性器クラミジアも男性の50%、女性の80%には自覚症状が出ないと言われています。咽頭感染もまた自覚症状が出にくいのです。

「性感染症治療ガイドライン」によれば、クラミジア咽頭感染は性器感染よりも治療期間が長いそうです。

オーラルセックスなど咽頭感染の可能性がある行為に心当たりのあるあなたは、自覚症状がなくても一度念のために検査を受けてみてはいかがでしょうか?

*クラミジアと淋菌の性器・咽頭(のど)検査が出来ます。
■STDチェッカータイプP男性用女性用
クラミジア(性器・咽頭)/淋菌(性器・咽頭)4種類の検査ができます。

*クラミジアが心配ならHIVや梅毒も危ない!
■STDチェッカータイプE男性用女性用
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌の5種類がまとめて検査できます。

*女性人気No1の検査キット。不妊症が怖い性感染症を検査!
■STDチェッカータイプB(女性用)
クラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナスの4種類をまとめて検査できます。

■この検査の信頼性について(郵送検査認定業者とは?)

■利用者の声(6356件の声をどうぞ)