TOPクラミジア悩み相談>クラミジアはキスで感染する?

クラミジアはキスでも感染する?

こんな質問をネットの掲示板で多数発見しました。

私は今まで考えたこともなかったけど、言われてみれば、さてどうなんだろう?

考え込んでしまいました。あなた、どう思います?

さっそく、ネット上の医療サイトをぐるりと回ってみると・・・いや、驚きました。

現役のお医者さんで見解が二分されています。

「クラミジアはキスでも感染する可能性がある。」

「クラミジアはキスでは感染しない。」

両方の意見が出てくるではないですか。

クラミジアがオーラルセックスで咽頭感染、つまりのどへ感染することは周知の通りです。

しかし、単なるキス、ディープキスでも感染するのか?

感染する可能性がある、と指摘する先生は、咽頭感染していれば口内にクラミジアがいる可能性があり、これが相手の喉へ感染すると言うわけです。

ただ、実際に感染した患者がいたと書いたサイトはひとつもありませんでした。あくまでも可能性がある、と書かれています。

一方、クラミジアはキスでは感染しない、と指摘する先生は、特に理由もあげずにただ「感染しない」と書かれています。

うーん、ホントはいったいどちらが正しいのでしょう?

■ちょっとだけ割り込み情報です! クラミジアに関する色んなお悩み解決ページはここ!■

●検査編 ・・

●症状編・・

●治療編 ・・

●感染編・・

●その他

 

私がこれまで読んできた性感染症に関する書物の中で、クラミジアがキスで感染すると書かれたものは一冊もありません。

しかし、キスでは感染しないと書かれた本も一冊もありません。

つまり、キスでの感染について触れた本がなかったのです。

先ほども書きましたが、咽頭感染についてはどの本にもそのリスクが明確に書かれています。

でも、キスでの感染については・・・私的には全く盲点でした。

ここで、具体的な医療サイトをご紹介しましょう。

まずは、山の手クリニックです。

ここは性感染症の専門クリニックで都内に3ヶ所の診療所があります。

『性器感染していても、口内にクラミジア菌がいなければキスしても感染することはありません。』

こんな記事がありました。

これは深読みすれば、咽頭感染で口内にクラミジア菌がいれば、キスでも感染するってこと?

また、こちらも専門医が運営するネットクリニックです。(申し訳ありません。リンク切れです)

『咽頭クラミジアも、咽頭淋菌も、キスで感染する可能性はあるが、それがどのくらいの可能性かは医学的に分かっていません。』

こんな記事がありました。こちらはハッキリと感染の可能性アリと書いています。

一方、恵寿総合病院の運営するサイトでは、

『オーラルセックスによる感染はあるが、キスでの感染はありません。』

と、こちらはハッキリキスでの感染を否定されています。

専門の先生で見解が分かれているくらいですから、その他大勢の素人サイトではもう、書き放題。

感染する、感染しない、ごっちゃ混ぜです。まぁ、初めから信憑性無しで参考にしてませんけど。

ただ、掲示板の中に、実際に婦人科でクラミジア感染症の診察を受けた女性がいました。

その女性は、2つの異なる病院で診察を受けて、それぞれの病院で医師にキスでも感染するのか質問したそうです。

すると、キスでは感染しないと答えた医師と、キスでも感染すると答えた医師がいたそうです。

以上の状況から判断すると、

「実際にキスでクラミジアに感染した症例は知られていないが、感染の可能性はゼロとは言えない」

こんなところでしょうか。

でも、ホントにキスしただけでクラミジアに感染するとしたら、とんでもなく多くの感染者がいるような気がします。

クラミジアや淋菌の咽頭感染は急増していますから。

ちなみに、どの本を読んでもクラミジアの咽頭感染は性器感染よりも自覚症状が出にくいと書かれています。

ほとんど自覚症状がないのです。

従って、自分がのどにクラミジア感染していることに気付かず誰かにうつし、うつされた人も気が付かないまま今度は他の誰かにうつし・・・と二次感染がどんどん広まる可能性があります。

もしかして、あなたも怪しげなお店で遊んで不特定多数の女性にディープキス、していませんか?

それって、ヤバイかも知れませんよ。(脅かすつもりはないですけど。)

今後もクラミジアがキスでも感染するのかどうか、調べて報告したいと思います。

最後に1つ付け加えますが、クラミジアの咽頭感染は性器感染よりも治療がやっかいで長引くことも多いそうです。

自覚症状はなくても治療しなければ自然治癒することはありません。

やっぱり感染に心当たりがあるあなたは検査を受けてみるしかないですね。

検査をどこの病院で受けるかですが、クラミジアの性器感染は泌尿器科、婦人科、性感染症科などで診てくれます。

咽頭感染は耳鼻咽喉科で診てくれますが病院によっては不可の場合もあります。

咽頭感染を診てくれる泌尿器科や婦人科もありますが、こちらも病院によっては不可です。

性感染症科なら性器も咽頭感染も診てくれます。

どこの病院に行くかややこしくてたまらん!というあなたには検査キットを使う手もあります。

実は私も検査キットを使いました。これなら性器感染も咽頭感染も同時に検査できます。

しかも自宅で自分の都合のいいときに検査できます。

当サイトには私が検査キットを使った体験記もあります。関心のあるあなたはぜひご覧ください。

『クラミジアやHIV検査体験記』

補足
追加の調査を行いました。第二弾の記事をどうぞご覧ください。

『クラミジアはキスでも感染する?(2)』

もしも、すでにあなたにクラミジア感染の心配があるなら、自宅で検査が出来ます。私も使ってみました。

 

アイコンボタンクラミジア感染は放置すると不妊症の原因になることがあります。
クラミジアバナー

自覚症状の出にくいクラミジア、淋菌をまとめて検査。
タイプPバナー5 ・クラミジア・淋菌
・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
・放置すると不妊症の原因にも。

矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
最も利用者の多い、人気の検査キットがこちら。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・怖い病気、感染者の多い病気を検査

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから