クラミジアに感染するとどのくらいの確率で不妊症になるのでしょうか?

クラミジア感染症が不妊症の原因になることはあなたもご存じでしょう。女性はクラミジアに感染しても80%は自覚症状がないと言われており、本人も知らないうちに感染が上体へ進行し、卵管炎などを起こして不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

では、あなたが女性でクラミジアに感染した場合、どのくらいの確率で不妊症になるのでしょうか。

◇そもそも不妊症とは?

一般に言う不妊症とは、どんな定義で使われる言葉かご存知ですか?文字通り妊娠できないことを言うのですが、もう少し細かい決まり事があります。

不妊症の定義として、産婦人科的には、

「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」

これを不妊症と呼びます。

日本においては健康な男女が結婚して、通常の性生活を営んだ場合、1年以内に妊娠する確率が80%、2年以内に妊娠する確率は90%だそうです。

すなわち残り10%が妊娠していない訳で、夫婦10組に1組は不妊症ということになります。あなたの周囲を見ても、結婚して何年も経つのに子供に恵まれないご夫婦がいませんか?

何だか結婚したら赤ちゃんが出来るのは当たり前のように思われがちですが、実際にはそうでもありません。不妊症の疑いのない男女が排卵日に性行為を持っても、妊娠する確率は20%程度なのだそうです。(データはこちらから⇒不妊症とは

ご夫婦ともに仕事を持って忙しく働いているケースなどでは、妊娠するのはけっこう大変かも知れません。

◇クラミジア感染による不妊の確率

ではクラミジアに感染した女性が不妊症になる確率はどの程度でしょうか。ここに1つ参考になるデータがあります。

『クラミジア感染症と不妊』

高橋ウイメンズクリニック院長、高橋敬一氏のインタビュー記事です。高橋院長は長年クラミジア感染と不妊症に関する研究を続けてこられた、不妊治療の専門家です。このインタビューの中で高橋院長がクラミジア感染による不妊症の確率を語っています。

「クラミジアに感染して、下腹部に痛みがあるくらいの重症だと、1回のクラミジア感染で不妊症になる確率は50%程度ある。」

そして、

「その後1回感染するごとに不妊症になる確率は20%ずつ高くなる。」

のだそうです。つまり、クラミジアに何度も感染していると卵管周辺の癒着が起きやすく、不妊症や子宮外妊娠の原因となるのです。

高橋院長によると、不妊症の原因で最も多いのは卵管の問題であり、そのうち80%にクラミジア感染が関係しているとする学説があるそうです。こうなると不妊症の原因で最も多いものはクラミジア感染ということになります。

◇クラミジア感染による不妊症を防ぐには

むろん、クラミジアに感染しないことが最も大事なのは言うまでもありません。特に、近年はオーラルセックスによるクラミジアの咽頭感染が広まっています。性器感染同様、咽頭感染も自覚症状が出ないことが多く、感染していても気が付きません。

そして、咽頭感染したクラミジアが再びオーラルセックスで性器感染することもあります。クラミジア感染予防にはオーラルセックスにも注意が必要です。

そして何より、クラミジア感染症は自覚症状が出にくい性感染症なので、感染しているかどうかはクラミジア検査を受けてみるよりありません。現実に、不妊治療を開始して初めてクラミジア感染に気が付いたというケースもあります。

クラミジアは無料・匿名で検査を行っている保健所がかなりあります。ただしHIV検査を同時に受けることが条件になっているようです。あなたの最寄の保健所で確かめてみて下さい。

むろん、保健所ではなく病院でも検査はできます。男性は泌尿器科、女性は婦人科となります。咽頭感染なら耳鼻咽喉科になります。(泌尿器科や婦人科でも咽頭感染の検査が可能な病院もあります)

保健所や病院に行くのが嫌なあなたは自宅でクラミジア検査が可能です。それも性器感染、咽頭感染の両方が同時にできます。

 

アイコンボタンクラミジアは咽頭(のど)感染が増えています。自宅で検査が出来ます。
クラミジアバナー

自覚症状の出にくいクラミジア、淋菌をまとめて検査。
タイプPバナー5 ・クラミジア・淋菌
・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
・放置すると不妊症の原因にも。

矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
最も利用者の多い、人気の検査キットがこちら。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・怖い病気、感染者の多い病気を検査

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから