このサイトでは、クラミジア感染症はオーラルセックスでも感染します、と繰り返し書いています。実際、クラミジア感染症と淋菌感染症は性風俗のオーラルセックスが一大感染源になっています。

では、実際にオーラルセックスをする人はどのくらいいるのでしょうか。性風俗で盛んにやられていることは推測がつきます。でも、一般家庭、恋人同士の間ではどうでしょう。

「性感染症 常識のウソ」(林 義人・生活人新書)にあるデータが載っていました。
2004年に岐阜大学の三鴨廣繁助教授らが行った調査で、風俗とは無関係の一般女性122人にオーラルセックスの実態調査を行ったものです。

◇一般女性122人のオーラルセックス体験

オーラルセックスの頻度 人 数(人) 割 合(%)
オーラルセックスを必ず行う 47 38.5
50%以上の頻度で行う 46 37.7
行うが頻度は50%以下 19 15.6
行わない 10 8.2


一般女性122人のうち、オーラルセックスを必ず行う人が38.5%います。2回に1回以上行う人まで入れると、76.2%となり、4人に3人はひんぱんにオーラルセックスをしています。

では、この122人の一般女性を、20歳未満、20歳から29歳、30歳以上の3つの年齢別グループに分けてその分布を見てみます。

◇20歳未満の一般女性23人のオーラルセックス体験

オーラルセックスの頻度 人 数(人) 割 合(%)
オーラルセックスを必ず行う 15 65.2
50%以上の頻度で行う 21.7
行うが頻度は50%以下 13.1
行わない


20歳未満の一般女性で、オーラルセックス未経験者はゼロです。若い世代ほどオーラルセックスが普及していることが分かります。オーラルセックスをひんぱんに行う女性は86.9%もいます。

◇20歳から29歳の一般女性69人のオーラルセックス体験

オーラルセックスの頻度 人 数(人) 割 合(%)
オーラルセックスを必ず行う 25 36.2
50%以上の頻度で行う 31 44.9
行うが頻度は50%以下 13.0
行わない 5.9


20代の一般女性にもオーラルセックスは広がっています。ひんぱんに行う人は80%を超えています。

◇30歳以上の一般女性30人のオーラルセックス体験

オーラルセックスの頻度 人 数(人) 割 合(%)
オーラルセックスを必ず行う 23.3
50%以上の頻度で行う 10 33.3
行うが頻度は50%以下 23.3
行わない 20.0


30歳以上の一般女性になると、ひんぱんにオーラルセックスを行う人は56.6%に減ります。まぁ、それでも2人に1人はひんぱんに行っている、と言うことです。

ここでは、一般女性についての調査結果をご紹介しました。むろん、一般男性の方が更にオーラルセックスの頻度は高いだろうことは容易に想像出来ます。

そして、この調査が行われたのは2004年ですから、それから7年過ぎた現在では、もっと頻度は上がってると思われます。

今回のデータで私があなたにお伝えしたいことは、あなたの日常の中にオーラルセックスはすでに普通の愛情表現となっています、と言うことです。

特別な人が、特別な場所で行うのではありません。ごくごく、普通の行為なのです。あなたのすぐ身近にいる人も、これからあなたが出会う人もオーラルセックスを経験しているかも知れません。

そして、オーラルセックスでクラミジア、淋菌、梅毒、HIVは感染していきます。どうぞあなたはこれを忘れないでください。オーラルセックスなら大丈夫とコンドームなしで繰り返すと感染するかも知れません。

でも、私は決してえらそうに言えません。私自身、自分がHIV感染疑惑で検査を受けるまでオーラルセックスは全くの無防備状態でした。でも、今では完全防備、感染予防に注意しています。

クラミジア感染症はもともとが感染しても5人に4人は自覚症状がなく気が付きません。更にオーラルセックスによる咽頭感染は自覚症状がありません。まず、気がつかないのが普通と言われています。

もしもあなたに、すでにオーラルセックスの経験がおありなら、一度クラミジアや淋菌の咽頭検査を受けてみてはいかがでしょうか。

クラミジア感染症がどんなに自覚症状のない性感染症でも、自然治癒はありません。検査して見つけない限り、治ることはないのです。

もし、あなたが病院に行くのが嫌だったら、自宅で検査も可能です。私も使いました。

 

アイコンボタンクラミジア咽頭感染は気づきにくいです。自宅で検査出来ます。
クラミジアバナー

自覚症状の出にくいクラミジア、淋菌をまとめて検査。
タイプPバナー5 ・クラミジア・淋菌
・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
・放置すると不妊症の原因にも。

矢印タイプP 男性はこちらから

矢印タイプP 女性はこちらから
最も利用者の多い、人気の検査キットがこちら。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・怖い病気、感染者の多い病気を検査

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから